M&A、財務・会計、税務のプロフェッショナルが企業/事業買収・売却に係るアドバイザリー業務を提供いたします

M&Aアドバイザリーサービス③

バリュエーションサポート

株主資本価値・事業価値評価

株主資本価値・事業価値の評価においては一般的に以下の3つのアプローチを検討し、評価目的、評価対象会社の置かれている状況、事業特性等を総合的に勘案して、最も適切と思われるアプローチ方法を選択あるいは組み合わせることにより評価を行います。

  • インカム・アプローチ:評価対象会社から期待される利益ないしキャッシュ・フローに基づいて価値を評価する方法

    [ 代表的な評価手法 ]
    • ディスカウンテッド・キャッシュフロー法(DCF法)
    • 収益還元法
    • 調整現在価値法(APV法)
  • マーケット・アプローチ :上場している同業他社や評価対象会社で行われた類似取引事例など、類似する会社・事業ないし取引事例と比較することによって相対的な価値を評価する方法

    [ 代表的な評価手法 ]
    • 株式市価法
    • 株価倍率法
    • 類似取引比準法
  • コスト・アプローチ :
    主として評価対象会社の貸借対照表記載の純資産に着目して価値を評価する方法

    [ 代表的な評価手法 ]
    • 修正純資産法

パーチェス・プライス・アロケーション(PPA)

PPAとは、「企業結合会計に関する会計基準」に規定される取得原価の配分のことを言います。企業結合の取得企業は、被取得企業から受け入れた資産及び引き受けた負債のうち、企業結合日時点の識別可能資産・負債を、企業結合日時点の時価を基礎として評価し、制度会計上買収に係る取得原価を当該資産負債に配分することが求められます。
PPAに係るサービスでは、制度会計への適正な情報提供を目的として、主に無形資産の評価に関する下記の業務を提供しています。

  • 無形資産の識別の検討に係るサポート
  • 無形資産の評価(測定)

日本基準の他に、米国基準および国際財務報告基準(IFRS)に基づくサービスも対応可能です。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6550-9763

PAGETOP
Copyright © Next D アドバイザリー株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.